【魚の出世コース】!? 呼び名が変わる出世魚について


 

こんにちは。株式会社大成です。

今回はこの時期旬のブリを紹介していきたいと思ったのですが、、

ブリって成長過程で呼び名の変わる魚なんですよね!

 

ブリで本当に合っているの!?そもそも呼び名が変わるって

どうしてなの?というところを紐解いていきたいと思います。

 

出世魚の出世コース

出世魚は、江戸時代の武士や学者の風習と関係しているとされており

昔は成人を迎える際や、出世した際に改名してお祝いをしていました。

それから、出世魚は祝い事や贈り物として使われてきたそうです。

 

出世魚の代表格とされているのが

ブリ、スズキ、ボラ、クロダイなどです。

関東と関西では呼び名が違うことも多く、

ブリは関東では【ワカシ→イナダ→ワラサ→ブリ】

一方関西では【ツバス→ハマチ→メジロ→ブリ】

と出世魚の中でも一番多くの呼び名があるとされています。

生まれも育ちも関東なので、関西の呼び名は馴染みがないですが

同じ日本でもこんなにも呼び名が違うとは驚きです。

 

ワカシ:15 cm くらいまでのもの

イナダ:40 cm くらい

ワラサ:60 cm くらい

ブリ:90 cm 以上

 

 

ぶりは照焼きがオススメ

もちろんお刺身も美味しいぶりですが、

弊社では「ぶり照焼き」を海外向けに販売しており、

試食会などではご好評いただいております!

TERIYAKIという言葉は世界にも浸透しており、

海外の方でも受け入れやすい焼き魚かと思います^^

ぜひ気になる方は、大成HPで確認してみてください~!

大成HPはコチラ