【社内風景】漁師さんが着る“あの服” 水産女子が着てみた!

【社内風景】漁師さんが着る“あの服” 水産女子が着てみた!

 

こんにちは。株式会社大成です。

 

先月の一大イベント「“日本の食品”輸出EXPO」も終了。

当日の現場ではたくさんの水産女子にもご協力いただきました。

 

また、みなと新聞の記者の江越さんにも取材していただきました。

ありがとうございます!(*^^*)

 

モンベルのフィッシャーマンビブ

農林水産省で行なっている「海の宝!水産女子の元気プロジェクト」

漁業・水産業に携わる女性の存在感を高めるとともに、女性にとって働きやすい

現場改革や、仕事選びの対象としての魅力向上を発信していく取り組みです。

 

様々な企業と結びつけ、新しい商品や、サービス、情報を社会に発信するのも

水産女子として積極的に行いたい内容のひとつです。

 

今回は上の写真でも着用しているモンベルの“フィッシャーマンビブ”

展示会での調理や接客の中で着させていただきました。

とても軽量なので、動きやすくてあたたかい。

ポケットも大きめに作られているので、リップや携帯、小銭入れもかさばらずに収納できました。

サイズ調整も簡単にできますし、ユニセックスなので男性とも共用で使用できます。

引き続き、検品や展示会の中で着用していこうと思います。

 

水産女子と農業女子

ご来場いただく中で「農業女子は知っているけど、水産女子は知らない」

「聞いたことあるけど、実際何をやっているの?」との声が多かったです。。。

まだまだ水産女子PJに対して、認知されていない方もいますが

今年の夏にメンバーとして参加し、来年度はより一層水産業を

加入されている皆様と一緒に盛り上げていきたいと思います❗❗❗

 

大成も水産女子が2人在籍しておりますので、何でもご質問ください☆

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。