【埼玉県民の日】県庁オープンデーに行ってみた!


 

みなさんこんにちは。㈱大成です。

先週末にマラソンがあり、弊社社員は何名も「筋肉痛」「足を曲げるのが辛い」「階段がきつい」などと聞きますが笑

それも運動不足の証拠。ということで、私自身もひそかにランニングを始めました。

特に銚子本社は、車で行動することが多いのでいつの間にか運動不足に陥ることもあります。

日頃から体力つくりを心がけましょう。

 

そして今回は先週14日の「埼玉県民の日」の様子をお届けしますが、

そもそもなぜ11月14日が「埼玉県民の日」となったのかをお話していきます。

 

「埼玉県民の日」の誕生

埼玉県は現在、市や群である入間や熊谷が県として存在しており「埼玉県」自体は小規模の地域でした。

その後、入間県や熊谷県と埼玉県が合併しました。

それからは埼玉県が拡大を続け、ちょうど100年目の昭和46年の11月14日を「県民の日」としたそうです。

 

県内では、毎年この日を中心にいろいろなイベントが開催されます。

 

県庁オープンデー

今回、県民の日に弊社から徒歩2分のところにある

埼玉県庁で行なっていた「県庁オープンデー」を覗きにLet’s Go!!!!!!

 

・県庁マルシェ

新鮮な地元採れ野菜が、各販売店ごとにずらりと並んでいました。

地元産は安心感もあり、身近な地域で育った野菜と考えるとついつい手が伸びます!

 

 

 

 

 

 

 

 

・スポーツチーム・2020オリンピックPRブース

埼玉といえば「西武ライオンズ」ということで等身大パネルや来年にひかえたオリンピックに向けて

長野オリンピックのときの展示品や、体験などもありました~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・VRで認知症体験会

他にも血管年齢体験、補助犬と触れ合えるなど様々なイベントが行なわれていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして思ったより栄えていたなと思ったのが、埼玉のゆるキャラ「ゆる玉応援団大集合」!

お子様やゆるキャラファンたちでにぎわっていました。

 

近くにいたさかろんとライナちゃん

さかろんは坂戸市のキャラクターで桜の妖精。

首や腕に坂戸市の野菜「ルーコラ」を、しっぽに「すいおう」をつけています。

ライナちゃんは西武ライオンズのメインキャラ「レオ」の妹です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他にもたくさんいたみたいですね~~ 人混みで全然撮れず。。。

 

またブログのトップ画像に写っている特大「コバトンふわふわ」

コバトンの中でぴょんぴょん跳ねて遊べてお子様に大好評でした。

燃料電池自動車でできた電力を使って動かすので、環境にもやさしいというところがエコでよく考えられているなと><!!!

 

仕事の合間のすきま時間に、埼玉の魅力を再発見できた気分です♪

引き続き本社・さいたま支店で訪れたイベントも紹介していきますのでお楽しみに。

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。