【マレーシア出張】海外のスーパーマーケット事情<KL編>


 

海外スーパーマーケット調査!

せっかくのマレーシア。実際に地元の人が通うスーパーマーケット「Giant」に行ってみました。

朝の仕事前に行ったので、フレッシュな食材たちが所狭しに並んでいました😆

 

ここは、地元の人から観光客まで幅広い方たちに利用されており、

なんといっても日本ではあまり見かけない魚やフルーツ、野菜が豊富に揃っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マレーシアは熱帯雨林地域でもあるため、一年を通してトロピカルフルーツが食べれます🌴

また、根菜類も土や根がついた「新鮮」な状態、日本の食品もありましたよ~嬉しいですね!

本場のドリアンもこの通り!部屋中に臭いが充満するほどでしたが、味は美味でした🙏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また香辛料やナッツなどは、日本と比べると桁違いの数が揃っていました。

確かにこれまで頂いたマレー料理は、香辛料が効いているメニューや、ソースが別盛で提供されることが多かったので

品揃えのよさには納得できました!(一般家庭には何種類のスパイスが置いてあるのかなと・・・ふと思いました)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お魚も、鯛・赤ハタ・まぐろ・メアジ・バサ・サバヒー・ティラピアなどが鮮魚コーナーに並んでいました。

スーパーではなく、フィッシュマーケットという市場に行くとより多くの新鮮なお魚が販売されているそうですが、

ここでも十分に日本でも売られている魚が多く、日常生活には困らない程度かと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

観光の方々には嬉しいお土産品も売っていましたよ。

現地の人がおっしゃっていた人気のマンゴーグミや、ハンバーガー型のグミまで😳😳

お子様には見た目で楽しんでもらえますね!!!

そして小分けになっているグミは会社や学校などの方たちへの「ばらまき土産」としても便利です。

買う側としては、空港やコンビ二で買うよりもお求めやすいのもメリットです✔️

 

ぜひこれまで観光スポットなどにしか足を運んでいなかった方も、

その国の文化や食事が目で見てわかるスーパーマーケットに是非行ってみてください🇲🇾🇲🇾