【カラダづくり】血糖値を上げないための工夫

こんにちは。大成です。

なんとなく普段から食べているポテトフライ、フランクフルト、

ベーコン、ホットケーキ、から揚げ、ステーキなど

揚げたり、焼いたり、炒めたりした食品って美味しいですよね。

ただ、上記に挙げた食品は、食べ過ぎてしまうと

体内に恐ろしい影響を及ぼすことになります。

AGEって知っていますか?

私も先日、TVを観ていて知ったのですが、

2020年の食の新常識として、紹介されていた言葉が「AGE」でした。

AGEは、タンパク質と糖が加熱されてできた強い毒性を持つ物質で、

身体に蓄積されると健康や美容への影響があるといわれています。

老化(しわ/しみ/たるみ)やコラーゲン繊維の破壊でお肌の弾力が失われたり、

骨は骨粗しょう症、血管は心筋梗塞、脳は認知症・脳梗塞、

頭皮は薄毛、そして癌のリスクまで…(*_*)

冒頭でお伝えした食品には、AGEが多く含まれていますので

摂りすぎには注意しなくてはならないです。

AGEを増やさないカラダづくり

AGEは血糖値が高いほど多くなります。

血糖値を上げずに、AGEを減らす工夫としては

・ご飯をゆっくり食べる(早食いは血糖値を急激に上げてしまう)

・満腹中枢を刺激せずに、腹八分目量を食べる

・人口甘味料の入った飲料水やお菓子は、急速にAGEを生成するので

少量だったり食べる時間を工夫する

・食後1時間は最も血糖値があがるので、軽い運動で上昇を抑える

・紫外線に浴びるとAGE化は進むので、四季問わずにUVケアをこまめに

魚食では何がおススメ!?

魚食では前回ブログでも紹介した青魚がおすすめです。

いわし・さば・まぐろはDHAやEPAが特に豊富です!!!

また、AGEの原因となる老化や美容、血糖値など

カラダ全体を補ってくれる栄養分がたくさん含まれています。

今の時代、便利な栄養剤やサプリもありますが、

食材そのものから上質な栄養を摂ることが

AGEはもちろんですが、健康なカラダづくりに大切だと思います!

今後よく耳にするであろう「AGE」

皆さんも気を付けてくださいね~m(__)m

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!!