【アレンジレシピ】青魚のDHA・EPAを逃がさない!ふっくら調理方法

 

こんにちは。大成です!

 

今回は「おさかなブレインコンシェルジュ」講座の中で

調理デモを行いました。

そのときのお料理をご紹介していきます!!!

 

EPA・DHAを逃がさず、美味しく食べる調理法

 

まず今回教えていただいた「ポシェ」という方法。

海水より少し薄い塩水の中で過度の温度がかからないように

加熱することで、魚の脂も溶け出しにくく、身もパサつきません。

今回はイワシとサバでポシェ調理をされていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆イワシのトマトパプリカソース

まずイワシに含まれるオメガ3は酸化に弱いので、

加熱に強くビタミンC豊富、抗酸化作用の高い

パプリカをトマトペーストと合わせてソースに。

とても栄養価が高く、イワシ独特の臭みも減ります☆

 

◆サバコロッケ

こちらも青魚の代表「サバ」を使ったコロッケです。

じゃがいもは丁寧につぶして茹でます。

今回使ったスパイスミックスが魚の臭みを感じさせず、

一口大のコロッケに完成したので、

お子様やお弁当のおかずにもいいなと思いました♪

 

◆サバそぼろ

見た目はシンプルですが、味付けも絶妙で美味しかったです。

ご飯にのせても、おつまみでも万能な一品です。

シイタケや玉ねぎには食物繊維が含まれているので、

この一品だけでも栄養抜群です!!

作り方も簡単なので、おうちで真似しやすいのも○

 

◆まぐろ食べ比べ丼

希少部位の「脳天」や、インドマグロ、本マグロなど

入っており見たまんま美味しかったです!

マグロは獲りすぎ問題などもあるので、

大事に大事に食べよう!と思いました^^

まぐろ汁も美味しかったです♪

 

どの料理も食材の良さを生かしたレシピ、

そしてこれまで思いつかない発想に出会えて

より魚食の良さを感じることができました☆

 

ご紹介いただいた水産女子PJの本間さん、

その他講師の方々、ありがとうございました!!