【アレンジレシピ】旬の“秋鮭”をつかった洋風角切りDON!


 

これまでにもいくつか社内でアレンジレシピをご紹介してきました。

「さば鬼おろし蕎麦」

「あじネギまみれ丼」

 

今回はこれからが旬の「鮭」をこれまでとはかわって、洋風DONにしてみました。

秋鮭には栄養もたっぷりなので、栄養成分と効能も併せて紹介します。

 

紫外線を浴びた夏の肌に「アスタキサンチン」が優秀!

鮭には魚に多く含まれるDHAやEPAが豊富で、他の魚と比べるとたんぱく質の消化吸収がよいとされています。

低カロリー高たんぱく質で、健康に良い魚は世界的に注目されています。

その中でも「アスタキサンチン」といわれる鮭の赤い色素成分が優秀だといわれています。

夏から秋にかけての季節の変わり目は、夏の日差しに浴びた紫外線による肌トラブル、

寒暖差などによる睡眠不足が懸念されます。

アスタキサンチンにはビタミンCと比べて、約6,000倍もの強力な抗酸化作用があります。

それによって、先ほどお伝えした紫外線による肌のトラブルやシワ形成を抑制してくれるほか、

眼精疲労の回復作用や筋肉疲労回復作用などに効果があるので積極的に取り入れたい魚です。

秋鮭の角切り×コストコのジョニーズガーリックシーズニング

実際に今回のレシピとしては、用意するのは角切りにした秋鮭

コストコで買えるコスパ優秀な調味料である「ジョニーズガーリックシーズニング」のみです。

これはにんにく、チーズ、パセリ、バジルなどが入ったパウダー状の香味が強い調味料です。

これをフライパンに並べた鮭に振りかけて焼き上げるだけです。

多少塩味が薄めなので、お好みで足していただくとにんにくの香りも引き立ち、ご飯が進む1品となります。

今回は野菜も一緒に摂取してほしいので、きゅうりや葉物を付け足して、栄養バランスを考えた「洋風DON」にしました。

 

比較的、鮭は他の魚よりも料理のジャンルを選ばずに中華、洋食、和食と『万能食材』です。

ぜひおうちでの鮭レシピに困った際は、お試しあれ~!!!