【アレンジレシピ】まさに見た目は宝石箱!食感も楽しめる贅沢丼


事務所で束の間の幸せ!海宝漬を食べたら・・・

海外出張の疲れもあり、束の間の幸せに「中村家」さんの三陸海宝漬をいただきました🤤

事務所で贅沢に“海宝漬丼”として、ご飯に乗せて食べると3種の食材それぞれの旨みと

毎度違う食感に、心もお腹も満たされました~。

 

ところで、海宝漬と聞いてどんな食材が入っていて、どんな味なのかを

パッと思い浮かべられる人はどれくらいいるでしょうか・・・?

 

中村家さんの三陸海宝漬は、さまざまな種類がありますが

今回食べたものは「いくら・あわび・めかぶ」の組み合わせです。

 

中村家さんのこだわり

リアス式海岸で有名な三陸海岸には、自然豊かな山からプランクトンの栄養源となるミネラルを多く含んだ水が流れてきます。

その上、銚子と同様に親潮と黒潮がぶつかる場所でもあるため、プランクトンが大量に発生するといわれています。

恵まれた環境で育った食材は、生産者の方の思いと共にひとつの商品となって、

こだわりの一品として私たちの手に届いたんだなと思うと、より一層美味しさが増します✨✨

 

ではこだわりぬいた海宝漬の各食材の栄養を簡単にご紹介していきます★★

 

いくら

「いくら」の脂質は青魚よりもEPAやDHAなどの必須脂肪酸が多く含まれてるほか、

アスタキサンチンと呼ばれる抗酸化成分が、女性に嬉しいお肌のシミやシワ予防の

アンチエイジングにも効果があるといわれています!!

 

あわび

アワビ自体の栄養としてはたんぱく質、ビタミンB群、ミネラル等のバランスがよく、

疲労回復などに良いとされています。薬膳に使用されるほど栄養価の高い食材です。

 

めかぶ

主成分は、免疫力の向上効果のある「フコイダン」とデトックス効果のある「アルギン酸」です。

フコダインは乾燥するこれからの時期に懸念される「インフルエンザ」などの菌から守れる身体を作り、

免疫力を高めるといわれています。

一方、アルギン酸は胃腸の調子を整え、消化の働きを助けてくれるので、

女性で便秘に悩む方や、カリウムが含まれていることで血圧の上昇を抑制・下げるような効果があります。

その他にもカルシウムも多く含まれているので、骨の形成や発育にもいいです。

 

 

冬はお鍋などの温かい食べものが多くなりますが、食材そのものの味を楽しめる「海宝漬」で

心も身体もお腹も元気に!寒さを乗り越えましょう😉😉

中村屋さんの商品はコチラから

 

こんな栄養たっぷり贅沢3種!ネットでも簡単に購入できるので、ぜひご自身の舌で試してみてください😳

 

さいたま支店の「アレンジレシピ」シリーズ、

とても参考になると思いますので、次回もお楽しみに・・・!