『ゲノム編集食品』で肉付きの良い魚が消費者の手に?

 


10月からは増税だけではない!新たな制度「ゲノム編集食品」

皆さんは「ゲノム編集食品」をご存知でしょうか。これは、狙った遺伝子の一部を切断・操作する技術でできた食品です。

・肉厚マダイ
・食中毒のリスクがないじゃがいも
・収穫量の多いイネ
・アレルギー物質の少ない卵

上記の食品の特徴が「ゲノム編集」でできるプラスαの技術です。

弊社が取り扱っている「魚」でいうと、ミオスタチシという遺伝子が筋肉の増加を抑える働きがありますが、その働きを止めて肉厚な魚を作るといったものです。また、近年耳にする「遺伝子組み換え」との違いも簡単にまとめました。


 

 

【遺伝子組み換え食品】
別の動物や植物から持ってきた特定の遺伝子を取り入れる仕組み。全く類縁のない遺伝子を組み込むこともあるため、自然では起こらず「遺伝子組み換え」と呼ばれています。食品表示は義務化されています。

 

【ゲノム編集食品】
元々そのものに含まれている遺伝子を切断・操作(編集)する仕組み。狙った性質のみを操作することができるので、新しい性質をピンポイントで組み込めます。自然界でも突然変異で起こりうるものです。
たとえば、上記に挙げたタイ。筋肉量を抑える役割をする遺伝子を制限がないように、操作することで約1.2倍の肉厚なタイになったといいます。

 

 

問題は、開発者は届出を出せば、販売可能なものの「ゲノム編集食品」は食品表示が義務化されていません。
このことは、消費者側としては受け入れ体制やこの制度を知らないままの人がいる中で、新しい技術を“口にする”ということに不安を覚える人もいると思います。

 

遺伝子組み換え食品のときもそうでしたが、消費者が技術を理解することで

 

・アレルギー体質の人に向けたゲノム編集食品
・衛生面が懸念されている国などに、食中毒のリスクを抑えてある食品
・可食部が多い魚

など、世界で心配されている食品に関する問題点が払拭できるかもしれません。

 

水産業に携わる身としては、漁獲量が不安定な漁業から、ゲノム編集で手に入れたい魚・食べたい魚をより身近なものにできる養殖業に変化し、人々の環境や生活にも大きな変化が生まれる未来も近いのかもしれないです。

と思うのと同時に、どこかで「人間の手」が加わって育った食料への心配もまだあるのが正直なところです。。。

今一度、品種改良によって、人間はどう変化していくのか(もちろん環境問題も直結していると思います)考える時間を作りたいと思います。。

 

※個人的な感想です