「時短家事」で女性の社会進出も効率的に!?


 

女性の社会進出が増えてきている日本。働く女性に、支援制度などを行なう企業も。

大成でも、行動計画内で明記している「育児休暇制度」や「フレックスタイム制度」の

目標を掲げ、育児休暇に関しては既に実用されています。

 

今回は、働いていて家事に手が回らない方、育児に忙しい方へ

「時短家事」というものを紹介していきます。

 

仕事と家事の両立について

まずこのブログテーマを提供してくれた社内の方からこんな声がありました。

ーーー―ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

12月といえば、家のポストにお掃除代行のチラシが色々入ります。

専業主婦の時は絶対考えなかったけど、

働いてる身としては出来れば頼んでみたい。。。

そしてその時間と労力を他に使いたいって思ってしまう。。。

エアコン内部とかはなかなか自分では掃除しきれないので

頼むとしても、お風呂の残り湯の利用やキッチン周りの小物くらいは

頑張らなくてもできそうなので実践してみよっと(#^^#)

ーーー―ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

働き方にも繋がると思いますが、忙しい年末のこの時期に

お家の自分ではできない箇所のお掃除もしてもらうのっていいですよね。

ただ、細かい部分までやってもらうとなるとお金もかかります。。

 

そんな時には家事の方法を見直すことが大切です。

「時短家事」ではお掃除のプロたちが実践している【CHAT理論】を活用します。

 

CHAT理論

Chemical(洗剤) Heat(温度) Agitation(方法) Time(時間)

この4つをうまく組み合わせて、お掃除を行なうことで

油汚れだったら・・・ 水あかだったら・・・ 風呂場だったら・・・

と、その場面によって洗剤を使い分け、温度と時間の調整さえすれば

家事だけに時間をとられることも少なくなります。

 

お買い物やゆっくりとしたい人にはCHAT理論にもある

【汚れ落としは、放っておく時間が大切】を活用して、

「ながら○○」という言葉を使うと、まさに「掃除しながら」自分時間を確保できます。

 

 

汚れ落としは洗濯・洗い物・お風呂掃除等、どの家事をとっても必ず悩む問題です。。。

掃除の効率をよくして、自分自身の生活の効率もUP!ぜひお試しください!!